現在表示しているページ
ホーム > 田辺観光協会について > お知らせ > 「あがら丼・あがら飯2019」参加店舗募集!
ここから本文です

「あがら丼・あがら飯2019」参加店舗を募集します

田辺の地元食材を使ったうまい“食”のPR推進のため、観光客を主なターゲットとした『あがら丼(田辺らしい丼)』、『あがら飯(田辺らしい食べ物)』を提供頂ける店舗を募集します。詳細は以下または要項をご覧ください。

実施期間

 通年:平成31 年4 月1 日~平成32 年3 月31 日
 *途中参加も可能
  前期:平成31 年4 月1 日 ~ 9 月30 日
  後期:平成31 年10 月1 日 ~ 平成32 年3 月31 日

参加対象

次のいずれかに所属する店舗で、下記の定義(条件)を満たすもの。
 ・田辺観光協会 ・田辺飲食業組合 ・田辺商工会議所

定義(条件)

あがら丼

1.地元の旬の食材を使った丼料理で、器は丼鉢に限らず、プレート、平皿も可とする。
但し、ご飯の上に具材を盛り付けることとし、同じ器でも具材とご飯を別々に分けること
は、認めない。
2.食材(具材)は、下記①~③の条件を一つ以上満たすこと(いずれもメイン食材であるこ
とが望ましい)。
①肉類=熊野牛、梅鶏、梅卵、ジビエ等を使用すること
②魚海藻類=カツオ、マグロ、シラス、イサギ、ウツボ、太刀魚、サバ、アジ、ヒロメ等
を使用すること(その他は、別途相談)
③特産品=梅、なんば焼き、牛蒡巻き等を可能な限り使用すること

あがら飯

以下のいずれかの条件を満たす料理とし、定食、単品等の形態は問わない。
1.地元の旬の食材を使用し、食材(具材)は、下記①~③の条件を一つ以上満たす料理であ
ること(いずれもメイン食材であることが望ましい)。
① 肉類=熊野牛、梅鶏、梅卵、ジビエ等を使用すること
② 魚海藻類=カツオ、マグロ、シラス、イサギ、ウツボ、太刀魚、サバ、
アジ、ヒロメ等を使用すること(その他は、別途相談)
③ 特産品=梅、かんきつ類、なんば焼き、牛蒡巻き等を可能な限り使用すること
2.郷土食や地元グルメ(めはり寿司、茶粥、江川ちゃんぽん等)を用いたものとする。

その他

・和食、洋食、中華料理等のジャンルは、問わない。
・品数は問わない。
・テイクアウト形式でも可とする。
・価格帯は、1,800 円程度までが望ましい。
・天候等により食材が入荷できない場合や数量が限定される場合は、売り切れも可とする。
・予約が必要な場合は、必ず明記すること
・前期のみや後期のみの参加も可とする。また、通年参加でも、前後期の入れ替え時期に
限り、メニューの変更ができるものとする。

参加費

年間1万円【ポスター・チラシ印刷、HP 作成、POP(2枚分)、料理撮影、その他事務費】
※途中参加の場合、PR媒体によっては、作成できない場合があります。

参加申込締切日

平成31 年2 月18 日(月)まで

①要項 ②参加申込書

お問合せ

田辺観光協会事務局 TEL.0739-26-9929

ページトップにもどる