田辺へお越しの際は、飛行機、電車、高速バスなど充実の交通機関をご利用頂けます。
また、田辺の駐車場情報など、便利な情報を集めました!

現在表示しているページ
ホーム > 交通 > 田辺から周辺観光地へ
ここから本文です

田辺から周辺観光地へ

白浜温泉(白浜町)

p_sirarahama.jpg

南紀を代表する温泉地・白浜温泉。三段壁や円月島、真っ白な砂浜で有名な白良浜があります。

access-car.gif 国道42号を白浜方面へ、田鶴の交差点より白浜道路へ入る。(約13km・約30分)
access-jr.gif JR紀伊田辺駅より白浜・新宮方面へ、普通電車で14分、特急で9分、白浜駅下車。白浜駅よりバス。 
access-bus.gif 田辺駅発、明光バス(中央経由→新湯崎・三段壁、または、文里・富田橋経由→三段壁)乗車。(国立病院経由→新湯崎・三段壁)
リンク 白浜観光協会

龍神温泉(田辺市龍神村)

p_ryujin_spa.jpg

群馬県の川中温泉、島根県の湯ノ川温泉と並んで、日本三美人の湯にあげられる温泉です。豊かな緑に囲まれた風情ある温泉街は、江戸時代には紀州藩の湯治場とされていました。

access-car.gif 県道29号線(主要地方道田辺龍神線)より、国道371号線へ入り、龍神村へ。(約45km・車で約1時間10分)
access-bus.gif 田辺駅発の龍神バス、龍神温泉行きに乗車、約1時間30分、終点下車。
リンク 龍神観光協会 龍神村 龍神温泉

田辺市龍神ごまさんスカイタワー・護摩壇山(田辺市龍神村)

p_skytower.jpg

標高1372mの護摩壇山は紀州の最高峰です。その登山口にあるスカイタワーからは、360度パノラマでブナの原生林の森が見渡せ、四季折々の色合いを楽しめます。

access-car.gif 県道29号線(主要地方道田辺龍神線)より、国道371号線へ入り、高野龍神スカイラインを北上。(約67km)
※注意 冬の間は、雪のため、チェーンが必要
access-bus.gif 田辺駅発の龍神バス、龍神温泉行きに乗車、龍神温泉で乗り換え、護摩壇山下車。
※注意 冬季(12月~3月)運休
リンク 龍神観光協会

熊野古道(中辺路ルート)

p_gyuba.jpg

かつて熊野三山への信仰の道として栄えた熊野古道。中辺路ルートには、花山法皇の熊野詣姿といわれる牛馬童子像や、12もの王子跡が残っています。

access-car.gif

国道42号を南下し、上富田町朝来交差点より国道311号に入る。

  • 滝尻王子まで車で約40分
  • 近露王子まで車で1時間
access-bus.gif 田辺駅発の龍神バス、熊野本宮線・熊野古道線、約2時間で熊野本宮大社へ。
●滝尻王子・・・滝尻バス停下車、徒歩2分。
●近露王子・・・近露王子バス停下車、徒歩2分。 
◆龍神バス ◆明光バス
リンク 中辺路町観光協会  熊野本宮観光協会

熊野本宮大社(田辺市本宮町)

p_hougu.jpg

熊野古道を経て最初にたどりつく熊野三山のひとつ、熊野本宮大社。古来熊野詣の人々が湯垢離した「湯の峰温泉」や、仙人風呂の「川湯温泉」、大露天風呂のある「渡瀬温泉」があります。

access-car.gif 国道42号を南下し、上富田町朝来交差点より国道311号に入り本宮町へ。 (約60km・約1時間20分)
access-bus.gif 田辺駅発の龍神バス、熊野本宮線・熊野古道線、約2時間、本宮大社前下車。
リンク 熊野本宮観光協会 熊野本宮大社

熊野那智大社・那智の滝(那智勝浦町)

p_nachitaisya.jpg

高さ133m、幅13mの日本一の那智の滝。この滝を神として祀る熊野那智大社とともに、那智山信仰の拠点となっています。また、那智勝浦町はユニークな温泉や露天風呂があり、まぐろは、日本有数の水揚げ量を誇ります。

access-car.gif 海ルート:国道42号を南下して串本経由で、那智勝浦町へ。(約113km・約3時間30分)
山ルート:国道311号を利用して本宮経由で国道168号を通り、那智勝浦町へ。(約112km・約3時間30分)
access-jr.gif JR紀伊田辺駅より白浜・新宮方面へ、特急で約1時間40分、紀伊勝浦駅下車。
access-bus.gif 【紀伊勝浦駅から】
◆路線バスのご利用の場合

紀伊勝浦駅前発(熊野交通バス)那智山又は見晴台行。所要時間 約25分
◆定期観光バスのご利用の場合
紀伊勝浦駅前発(熊野交通)那智山見晴台周遊コース(那智の滝、見晴台、熊野那智大社、西国札所一番青岸渡寺)所要時間 2時間40分
リンク 那智勝浦町観光協会

熊野速玉大社(新宮市)

p_hayatama.jpg

新宮城(丹鶴城)の城下町としてさかえた新宮市には、1400年もの歴史のある「お燈まつり」で知られる神倉神社や、熊野三山の1つの熊野速玉大社があります。熊野詣や瀞渓観光の拠点にもなっています。

access-car.gif 海ルート:国道42号を南下して串本経由で新宮市へ。(約119km・約3時間50分)
山ルート:国道311号を利用して本宮経由で国道168号を通り、新宮市へ。(約92km・約2時間30分)
access-jr.gif JR紀伊田辺駅より白浜・新宮方面へ、特急で約1時間40分、終点、新宮駅下車。
駅から徒歩15分、タクシー5分。
リンク 新宮市観光協会

すさみ(すさみ町)

susami.jpg

猪を父に豚を母に生まれたユニークなイノブタ王国があります。毎年ゴールデンウィークにはイノブタダービーなど、王国イベントがいっぱいです。

access-car.gif 国道42号を南下、白浜町を経て、約50分ですさみ町へ。(約37km・約1時間)
access-jr.gif JR紀伊田辺駅より白浜・新宮方面へ、特急で約30分、普通電車で約50分、周参見駅下車。
リンク イノブータン王国 すさみ町観光協会

串本・潮岬(串本町)

kushimoto.jpg

本州最南端の町。海岸線のほとんどが国立公園に指定されており、雄大な景観をくりひろげています。ダイビングやフィッシングにも絶好のポイントです。

access-car.gif 国道42号を南下、田辺・白浜を経て、約1時間30分~1時間40分で串本町へ。(約70km)
access-jr.gif JR紀伊田辺駅より白浜・新宮方面へ、特急で約1時間、普通電車で約1時間30分、串本駅下車。 潮岬へは、JR串本駅より熊野交通バス、潮岬行きに乗車15分、潮岬で下車。
リンク 串本町観光協会

南部梅林(みなべ町)

p_minabe_bairin.jpg

日本一の梅の産地。面積約1200haに及ぶ大梅林は、梅の開花時にはまるで、真っ白なじゅうたんを敷き詰めたような美しさです。梅の里ならではの「うめ振興館」という梅のすべてがわかる資料館もあります。

access-car.gif 国道42号線で南部方面へ、南部から国道424号線に入り北東2.5kmで、南部梅林へ。(約12km・約20分)
access-jr.gif JR紀伊田辺駅より新大阪・京都方面へ、特急で約6分、普通電車で約10分、南部駅下車。(観梅期間中、南部駅から観梅バス運行)
access-bus.gif JR紀伊田辺駅より龍神バスに乗り、『梅林』下車(約45分)
リンク みなべ観光協会

高野山(高野町)

kouyasan.jpg

弘法大師(空海)が開山した真言密教の聖地。標高900mの山上には、金剛峯寺など117のお寺があります。

access-car.gif 県道29号線(主要地方道田辺龍神線)より、国道371号線へ入り、高野龍神スカイラインを経て、高野山へ。(約98km・約3時間)
※注意 冬の間は、雪のため、チェーンが必要
access-bus.gif

田辺駅発の龍神バス、龍神温泉行きに乗車、龍神温泉を経て、護摩壇山へ。護摩壇山で南海りんかんバスに乗り換え 、高野山下車(約3時間30分)。
※注意 冬季(12月~3月)運休

リンク 高野山観光協会・宿坊組合

ページトップにもどる