jinja.gif
Temples and Shrines

市内のお寺や神社には、縄文時代の土器などが発見された貝塚や、田辺ゆかりの武蔵坊弁慶に関するもの、江戸時代の田辺城水門跡など、歴史ある田辺ならではの史跡が残されています。
また、一風変わったお祭も見所です。

現在表示しているページ
ホーム > 見る・遊ぶ > 神社仏閣 > 蟻通神社
ここから本文です

蟻通神社(ありとおしじんじゃ)

地元では「御霊さん」と呼ばれ親しまれている知恵の神様です。境内にある楠の木は、街中にあるとは思えない程の大木で、安政の大火の時に水を噴いて町を守ったという伝説が残っています。
境内にはイチョウやエノキなどの大木もあり、賑やかな商店街に面してはいますが、静かでくつろげる場所です。

入口正面には黒い大きな馬の像があり、すぐ後ろの楠の木の周りにはふたつの牛の像とひとつの鹿の像が置かれてあり賑やかです。
入口から見えているのは本殿の後ろ側で、ずっと奥に進み突き当りを左に行ったところが本殿正面です。

aritoshi.jpg aritoshi2.jpg

蟻通しの由来

むかしのことです。

ここ紀州田辺に外国の使者がやってきました。
その使者は『今から出す問題を解いてみよ もし解けなければ日本国を属国にしてしまう』といいました。そして、持ってきた法螺貝を出して、その貝に一本の糸を通すことを命じました。

日本の神がみは、この難問にたいへん頭を痛めました。その時、ひとりの若い神様が前に進み出て『私が法螺貝にその糸をその糸を通してみせましょう」といって貝の口からどんどん蜜を流し込みました。
蜜は、貝の中の複雑な穴を通り抜けて貝尻の穴へと流れ出しました。そして、この若い神様は蟻を一匹捕らえて糸で結び貝の穴から追い込みました。蟻は甘い蜜を追って、複雑な貝の穴を苦もなく通り抜けました。蟻の体には糸が結ばれていますから法螺貝には完全に糸が通ったのです。

これを見た外国の使者は『日の本の国はやはり神国である』と恐れその知恵に感服して逃げ帰りました。

日本の神がみは、たいそう喜んで『我国にこれほどの賢い神があるのを知らなかった』といって、その若い神様の知恵をほめました。そして、蟻によって貝に糸を通したことにより蟻通しの神と申し上げるようになりました。

今では知恵の神とあがめられています。

所在地マップ


より大きな地図で 蟻通神社 を表示

ページトップにもどる