本文にスキップ

龍神山

龍神山(りゅうぜんさん)

龍神様が鎮まる信仰の山

標高496m。龍神山はその名の通り、龍神様が鎮まる信仰の山です。山頂近くに龍神宮という神社があり、いまも地元の人たちの信仰を集めています。登山スポットとしても人気で、田辺市街地方面を一望する景色が楽しめます。

龍神山を歩こう

おすすめポイント

  • 気軽に登れて眺望もいい!
  • 歴史深い龍神宮などのみどころもあり
所要時間2時間30分~3時間30分
歩行距離約4.5km
(表参道登山口~龍神宮~八幡社~表参道登山口)
高低差約300m(最大標高496m)
体力度★★☆☆☆
危険度★★☆☆☆
※健脚な成人男性が歩いた想定です。

※山に登る際はしっかりとした下調べと登山にふさわしい服装や準備をするようにしましょう。


表参道登山口からスタート

ひき岩群国民休養地方面から龍神山表参道登山口(駐車場)へと向かいます。登山口までは車道ですが道幅が狭いので注意が必要です。龍神宮にトイレがありますが、ひき岩群のふるさと自然公園センターで済ましておきましょう。

登山口からしばらくは高低差の少ない整備された参道を歩きます。佐向谷方面との分岐を過ぎると修験坂と呼ばれる急坂が現れ、そこを登り切ると、左手に正面鳥居へと向かう表参道、右手に崎の堂経由の参道への分岐があります。崎の堂経由の参道からは田辺湾方面の眺望が広がります。行きと帰りでルートを変えるのがおすすめです。


龍神宮へ

龍神宮は海の神様をお祀りする神社で、神島や鬪雞神社とも関わり深い伝承が残っており、古くから信仰を集めています。境内にある県指定天然記念物のご神木ウバメガシは圧巻です。


八幡社へ

龍神宮を左手に回り込み裏の道を15分ほど進むと、八幡社へ到着します。途中、三星山への分岐があるので間違えないように注意してください。八幡社からは田辺湾や上芳養方面を一望できます。四方に祠がある社も特徴的です。


帰り道

龍神宮からの帰り道は行きとは別のルートを通ってみましょう。崎の堂方面からは田辺湾方面を眺める絶景が楽しめます。

修験坂から登山口までは行きと同じ道を戻ります。