神社仏閣

市内のお寺や神社には、縄文時代の土器などが発見された貝塚や、田辺ゆかりの武蔵坊弁慶に関するもの、江戸時代の田辺城水門跡など、歴史ある田辺ならではの史跡が残されています。また、一風変わったお祭も見所です。

現在表示しているページ
ホーム > 見る・遊ぶ > 神社仏閣 > 高山寺
ここから本文です

高山寺(こうざんじ)

kozanji.jpg田辺の市街地を一望できる高台にあり、弘法大師が開創したとされているお寺で、『弘法さん』の名で親しまれています。江戸時代建立の美しい多宝塔はじめ、広い境内には諸堂宇が立ち並んでいます。

長沢芦雪の「寒山捨得」や「木造聖徳太子考養之像」等の県指定の文化財が保管されており、海の見える墓地には、南方熊楠や植芝盛平の墓があります。熊楠の 菩提寺ですが、生前にもよく訪れ、とくにこの寺苑の一角にあった日吉神社(糸田の申神さん)境内から数多くの隠花植物を採集しました。この申神社の合祀と 神木の伐採が、熊楠の神社合祀反対運動のきっかけとなりました。
また、弘法大師が近くの淵(御影淵)に姿を写して彫ったといわれる弘法大師像にまつわる伝説も伝えています。

高山寺貝塚
高山寺境内の台地には貝塚があり、押型紋(おしがたもん)という模様のついた尖底(せんてい)土器や撚糸文(よりいともん)土器が出土していて、縄文時代 早期の貝塚として広く知られています。その他に、貝殻、鹿の骨、猪の牙など多くの考古資料が発掘されています。

主なイベント
4月20日・21日 春の大祭
7月15日 夏のお大師さん

所在地マップ


より大きな地図で 高山寺 を表示

ページトップにもどる